ドテラの上手な勧誘方法とは?友人に嫌われない誘い方(実例あり)

今回はドテラの上手な勧誘方法とは?友人に嫌われない誘い方(実例あり)

ということで解説していきたいと思います。

 

あなたはドテラにどうやって入りましたか?

 

あなたがドテラに入ったきっかけを覚えていますか?

友人の紹介でしょうか、知り合いの紹介でしょうか。

お店の人というパターンもありますよね。

全く知らない方の勧誘で入ったという方はいないと思います。

 

その際、どんな勧誘をされたか覚えていますか?

 

ドテラのシステムや報酬制度など色々な話を聞いたあと、

人をドテラに誘うのはサポートがあり比較的簡単である。

そんな話を聞きませんでしたか?

 

「私でも勧誘が出来るんじゃないか。」

 

勧誘に関してこんな雰囲気でドテラに入会したと思います。

それで入会してみてどうでしたか?

なかなかダウンさんが増えませんよね(>_<)

 

ネットワークビジネスは世間の風当たりが強いものです。

私もネットワークビジネスを始める前は、よくわからないイメージでした。

よくわからないので、ねずみ講なのか、詐欺なのか、とにかく危ない!

そんな人とは関わりたくない。連絡を取りたくない。

「あいつは mlm やってる!」とみんなに注意喚起をしたい。

そんな気分になっていましたね。

 

だから私はリアルでは誘わず、インターネットでドテラを始めたい人を募っています。

ダウンもそこそこついて、報酬が発生し、毎月のノルマ程度は楽に支払えるようになりました。

 

ただ、インターネットを使うのが得意じゃない人もいますよね。

リアルの勧誘の方が良いという方も多いはずです。

ですので今回はリアル勧誘をする方法、間違ったやり方と、私の考える最良の方法を解説していきたいと思います。

 

ドテラの勧誘方法の基本

 

ドテラの勧誘について最良の方法をお話しする前に、勧誘の基本を解説していきますね。あなたは既に知っているかもしれませんが、復習のために確認してみてください。

 

リストアップ

まずあなたがドテラに入会させたい人を100人程度リストアップします。

今後それらの人に電話をかけたりメールを送ったり、直接会ったりしながらドテラに勧誘していく人を上げていきます。

日頃から親しくしている人がおすすめです。

毎日顔を合わせる人

よく電話をする人

LINE でやり取りする人

家族

友人

ママ友

会社の同僚

親戚

近所の人

あなたがお店をしているならそのお客さん

よく行くお店の従業員

同じ趣味の教室の人

幼馴染

これらの方ですね。100人は無理にしても数十人はいけるんじゃないでしょうか。

 

絞り込み

100人程度のリストアップが終わったら絞込み作業に入ります。

コツは浅く広くでなく狭く深くですなんでもかんでも声をかける姿勢は良くありません。

もし勢いで入会してもらっても、すぐに離脱してしまうことでしょう。

入会させることが目的でなく、 末長く続けてもらうことが重要です。このことを忘れないようにしてください。

 

アポ取り

あなたが絞りこんだ方にドテラを紹介する場合、これはドテラへの誘いですよと必ず告知する必要があります。

拒否されないように一切触れない方もいますが、この告知をもししなければ違法行為となってしまいます。

 

「ドテラという mlm の説明をしたい」

「ドテラのビジネスについて説明をしたい」

例えばこのようなことですね。

 

「あなたにおすすめのアロマがあるんだけど」

この表現は不適切です。

一緒にランチでもどうですか?」

この表現は完全にアウト。

食事に誘っておいて、後からドテラのビジネスの話を始める。これは違法行為になります。

 

「ドテラビジネスの説明をしたい」

このことを最初にはっきりと伝えてアポ取りを行いましょう。

最初から告知することを躊躇する方もいるのですが、この行為はあなたと相手にとってメリットとなります。

まずドテラビジネスの説明をしたいとあなたが言って相手が難色を示した場合、お互いの無駄な時間を浪費することがなくなりますし、相手の嫌悪感も最小限にとどめられます。

逆にドテラビジネスの説明をしたいと伝えた時に、相手は是非聞いてみたい、そのようなリアクションであれば後はあなたがドテラの説明を正確にするだけですよね。相手が納得すれば入会してもらえるでしょう。

アポ取りの時点で、ドテラのビジネスについてはっきり伝えることのメリットをおわかりいただけたでしょうか。最初に告知することで選別ができるということです。

 

ドテラのビジネスを紹介する

実際にドテラの 話を聞きに来た人に、あなたはどのようにドテラのことを話しますか?

ドテラのシステムのことですか?お金の事ですか?

これらは一般的には NG とされています。

「私はドテラのビジネスをしています、お金が儲かる可能性があります。あなたも入りませんか?」

これで入ると思いますか?ほとんどの方が引いてしまうでしょう。

正しい導入の仕方は、世間話です。

まずとにかく相手の話をよく聞きます。

相手の生活、 家族、友人、貯金、悩んでいる事、健康状態、何でも良いので相手にどんどん話してもらいましょう。そしてあなたはその話の聞き役に回るわけです。

その相手の話すことがなくなったり、まが空いたりした時に、相手はあなたに逆に質問してくるでしょう。

「そういえば今日の用事は何だっけ?ドテラっていうビジネスがあるの? それはどういうやつ?」

その質問にあなたはウソ偽りなく答えていくだけです。

ここまでが一般的な mlm の勧誘方法です。

 

「そんなこと知ってたよ、それが出来てないから苦労してるんじゃないか!」

ごめんなさい、この勧誘方法はもう知っている人も多いかもしれませんね。

それが出来なくてこのサイトに来ている。そんな王道の勧誘ができない方のために、リアルで新規を出している方の方法を教えちゃいますね。

 

成功確率の高い勧誘方法

 

成功確率の高い勧誘方法、

それは

勧誘しない

ということです。

 

一般的な勧誘方法を上で書いてきましたが、これらは成功確率が低いです。なぜなら人を説得して入会させようとしているわけですね。これはちょっとつらいです。人は説得されることを嫌がります。できたら自分から進んで入りたいわけですね。納得して入りたい。

ではどうしたら自分から納得してドテラに入りたくなるのでしょうか。

勧誘はすなわち説得ですから、あなたは相手を説得しない。

これが成功確率の高い方法です。

具体的にその方法を書いていきますね。

 

勧誘しない勧誘方法

 

勧誘しない勧誘とは、

 

近所の人が何かに困っている

それをあなたがドテラのアロマで解決する

 

このスタンスです。

簡単ですよね?

 

近所の方のお困りごとなんてたくさんあるはずです。

眠れない人には

⇒ラベンダーのアロマを小瓶に入れて差し上げる

子供の成績が落ちた

⇒ペパーミントのアロマを小瓶い入れて差し上げる

ストレス溜まってるご婦人には

⇒柑橘系のアロマを小瓶に入れて差し上げる

不妊でも肥満でも腰痛でもアロマを試してもらうことができます。

 

そうするとどうなるか?

一度良さを体感したらまたもらいに来る

お礼に何かを持ってくるはずです。

果物かお菓子。

それをありがたくいただきましょう。

 

それを継続していくと、ある日「このアロマを購入できないか?」という話になります。

そこでドテラの話をします。

 

あなたはただ質問に答えるだけ。

アロマについて、ドテラについて、愛用会員、ビジネス会員、会費やシステム、知ってることをお話ししましょう。

あなたのおすすめのアロマや会員コースなども聞かれるでしょう。

あなたのそのままをお伝えすると良いと思います。

これが勧誘しない勧誘方法です。

 

まとめ

 

よくMLMでは勧誘するのに雑談から入れ、と教えられます。

その人の夢だったり不満だったりを良く聞け、と教えられます。

これは私は不適当な勧誘方法だと思います。

 

良質なダウンさんを付ける方は勧誘なんてしないんですね。

人の役に立ち、自然にダウンが付く、

この方法をとっています。

 

「人の役に立つより収益を上げたい。」

「早く結果を出したい。」

「知り合いがほとんどいないし、どうしよう。」

そんな方もいると思います。

そんな方はMLMは向いていません。やめちゃいましょう。

 

(私のリアル勧誘なしの自動集客装置を使えばできないこともないが・・・)

 

まあとにかくこの記事を読んだあなたはもう

「あなたの夢を教えて下さい」

なんて気持ちの悪い勧誘をしないで下さいね。

 

どんな人だっていきなり夢を教えて!なんて言われたら気持ち悪いですよ。

それがMLMの勧誘だったと知ればさらに気持ち悪さ倍増です。

そしてドテラのMLMが誤解される原因にもなります。

気持ち悪い勧誘してる人は今すぐやめて下さいね。

 

夕飯時、私の家の玄関のチャイムがなります。

 

子供が虫に刺された

頭痛のアロマちょうだい

ノドが痛いんだけど

こないだのあのアロマ、またちょうだい

 

そんな近所の方が訪れます。

今のあなたとの違い、わかりますか?

私がどうやってドテラのMLMで短期間に報酬を発生させているのか?
どうやって家から1歩も外出することなくダウンを増やし続けているのか?

⇒その秘密が知りたい方はコチラ

 

 

もし、今すぐドテラのMLMにチャレンジしてみたい!という方はコチラ(必読です)↓

⇒ドテラのMLMに興味のある方へ

 

 

ドテラの製品は良いとして、ネットワークビジネスが嫌い!という方はコチラ↓

⇒ドテラのネットワークビジネスから逃れる方法

 

 

⇒トップページに戻る